BIO 新しい初期生物学史研究のためのコーナー

   
 
 

  
ビオ
BIO
  
初期近代の生物学 (Biology) に関する良書を集めるコーナー
 

  
 

  日本における初期近代の生物学の歴史研究は基本的に間違った土台の上に築かれています。なぜかと言うと、生物学史研究の上で20世紀の最も重要な Jacques Roger の著作やその他の重要な貢献を果たしてきた数々の仏語の文献を読んだこともない人々が築き上げてきたものだからです。また、17世紀後半に活躍した生物学者の多くはイタリア人ですが、そういったイタリアの科学者を研究したイタリア語で書かれた優れた文献が多いことも状況を悪化させることに貢献しています。このコーナーでは、そういった間違った歴史研究を修正して行くための重要な良書を徐々に収めて行こうと思います (ちょっと兆発的過ぎるかな?)。> 姉妹編コーナー「メディカ」もよろしく

  
新刊
  
 
その1
Francois Duchesneau,
『デカルトからライプニッツまでの生物モデル』
Les modeles du vivant de Descartes a Leibniz.
Vrin, Paris, 1998.
  
 
その2
Catherine Wilson著
『不可視の世界 : 初期近代哲学と顕微鏡の発明』
The Invisible World : Early Modern Philosophy and the Invention  of the Microscope.
Princeton Univ. Press, Princeton, 1995. 

 
 
その3
Andre Pichot,
『生命の概念の歴史』
Histoire de la notion de vie.
Gallimard, Paris, 1993. 
 

その4
Jacques Roger,
『一個の科学史のために』
Pour une histoire des sciences a part entiere.
Michel, Paris, 1995.
これまでに発表された論文を集めた論集です
 

その5
Domenico Bertoloni Meli (ed.),
『マルッチェロ・マルピーギ:解剖学者そして医師』
Marcello Malpighi : Anatomist and Physician.
Olschki, Firenze, 1997.
 

その6
Walter Bernardi & Luigi Guerrini (eds.),
『フランチェスコ・レディ:近代科学の一主導者』
Francesco Redi : Un protagonista della scienza moderna,
Olschki, Firenze, 1999
 

その7
Marian Fournier,
『生の仕組み:17世紀における顕微鏡』
The Fabric of Life : Microscopy in the Seventeenth Century.
Johns Hopkins Univ. Press, Baltimore, 1996.
  
   
   



  
 
古典書
 
  
その1
Henri Daudin,
『リンネからジュシュ-まで:植物学と動物学における分類の方法と系の概念』
De Linne a Jussieu : Methodes de la classification et idee de serie
en botanique et en zoologique (1740-1790).
F. Alcan, Paris, 1926.
  
『キュビエとラマルク:動物学的類と系の概念』
Cuvier et Lamarck : Les classes zoologiques et l’idee de
serie animale (1790-1830).
2 vols. F. Alcan, Paris, 1926.
この2文献、実は、アーサー・ラヴジョイの『大いなる存在の連鎖』と
ミッシェル・フーコーの『言葉と物』のもとネタです。
    
 
その2
Emile Guyenot,
『17-18世紀における生命の科学 :進化の概念』
Les sciences de la vie aux XVIIe et XVIIIe siecles :
L’idee d’evolution.
A. Michel, Paris, 1941.
 

その3
Emile Callot,
『16世紀における生命の科学の再生』
La renaissance des sciences de la vie au XVIe siecle.
P. U. F. , Paris, 1951.
 
 
その4
Karl E. Rothschuh,
『生理学の歴史』
Geschichte der Physiologie.
Springer, Berlin, 1953.
 

その5
Georges Canguilhem,
『17-18世紀における反射の概念の形成』
La formation du concept de reflexe aux XVIIe et XVIIIe siecles.
P. U. F. , Paris, 1955.
これは、現在邦訳(法政大学出版)があります。
 

その6
Jacques Roger,
『18世紀のフランス思想における生命の科学』
Les sciences de la vie dans la pensee francaise du XVIIIe siecle.
A. Colin, Paris, 1963, > 2nd ed. 1971.
18世紀と謳ってますが、実際は16-17世紀も大変細かく分析しています。
生物学史の永遠の金字塔。最近英訳されました。
 

その7
Howard B. Adelmann,
『マルチェロ・マルピーギと発生学の発展』
Marcello Mappighi and the Evolution of Embryology.
5 vols. Cornel Univ. Press, Ithaca, 1966.
 

その8
Thomas S, Hall,
『生命と物質の概念:一般生理学の歴史研究』
Ideas of Life and Matter : Studies in the History of General Physiology, 600 B.C.-1900 A.D.
Chacago Univ. Press, Chiacago, 1969.
これは、邦訳されているのでコメントは省略です。
 

その9
Audrey B. Davis,
『英国(1650-1680)における循環生理学と医化学』
Circulation Physiology and Medical Chemistry in England 1650-1680.
Coronado Press, Lawrence (Kansas), 1973.
 

その10
Theodore M. Brown,
『機械論哲学と「アニマル・エコノミー」』
The Mechanical Philosophy and the "Animal Oeconomy".
Arno, N.Y., 1981.
 

その11
Francois Duchesneau,
『啓蒙の世紀の生理学:経験主義、モデル、そして理論』
 La physiologie des lumieres : Empirisme, modeles et theories.
Nijhoff, Den Haag, 1982.
  
  
その12
Ilse Jahn & al. (eds.),
『生物学の歴史:理論、手法、機関...』
Geschichte der Biologie : Theorien, Methoden, Institutionen...
Fischer, Jena, 1982.
 
 
その13
Walter Bernardi,
『胚の形而上学:マルピーギからスパランツァーニまでの生命の科学と哲学』
Le metafisiche dell'embrione : Scienze della vita e filosofia da Malpighi a Spallanzani.
Olschki, Firenze, 1986.
   
  
その14
 Francois Duchesneau,
『細胞理論の誕生』
Genese de la theorie celluraire.
Vrin, Paris, 1987.
 

その15
Mirko D. Grmek,
『最初の生物学革命:17世紀の生理学と医学についての論考』
La premiere revolution biologique : Reflexions sur la physiologie et la medecine du XVIIe siecle.
Payot, Paris, 1990.
  
  
   



  
 
デカルトと生物・医学
 
 デカルトに関しては最近の研究動向のセレクションです
 
その1
G.A.Lindeboom,
『デカルトと医学』
Descartes and Medicine.
Rodopi, Amsterdam, 1979.
 

その2
Richard B. Carter,
『デカルトの医学思想:「精神-身体」の問題への有機的な解決策』
Descartes' Medical Philosophy : The Organic Solution to the Mind-Body Problem.
Johns Hopkins Univ. Press, Baltimore, 1983.
 

その3
 Annie Bitbol-Hesperies,
『デカルトにおける生命原理』
Le principe de vie chez Descartes,
Vrin, Paris, 1990.
 
 
さらに詳しくは、E.Homna 氏のサイトLHの
デカルトと医学の頁を参照下さい。
 



 
ハーヴェイ
  
パーゲル以降のハーヴェイ論のセレクションです
 
その1
Walter Pagel,
『ウィリアム・ハーヴェイの生物学的アイデア』
William Harvey's Biological Ideas.
Karger, Basel, 1967.
 

その2
Walter Pagel,
『ハーヴェイ再考』
New Light on William Harvey.
Karger, Basel, 1976.
 

その3
Jerome Bylebyl (ed.),
『ウィリアム・ハーヴェイとその時代』
William Harvey and his Age.
Johns Hopkins Univ, Press, Baltimore, 1979.
 

その4
Robert G. Frank, Jr.
『ハーヴェイとオックスフォード生理学者:科学的アイデアと社会的相互作用』
Harvey and The Oxford Physiologists : Scientific Ideas and Social Interaction,
California Univ. Press, Berkeley, 1980.
 

その5
Roger French,
『ウィリアム・ハーヴェイの自然哲学』
William Harvey's Natural Philosophy.
Cambridge Univ, Press, Cambridge, 1994.
  
 
Supplements
HAB 仲間ケンブリッジのリチャードによる情報
結構充実しています
 
    



 
 
発生学

その1
Jean Rostand,
『存在の形成』
La formation de l'etre.
Hachette, Paris, 1930.
     
 
その2
F.J.Cole,
『生殖発生の初期理論』
Early Theories of Sexual Generation.
Clarendon, Oxford, 1930.
    
 
その3
A.W.Meyer,
『発生学の誕生』
The Rise of Embryology.
California Univ. Press, Stanford, 1939.
 

その4
Joseph Needham,
『発生論の歴史』
A History of Embryology,
2nd ed. Cambridge Univ, Press, 1959.

 
その5
Elisabeth B. Gasking,
『発生の研究 (1651-1828)』
Investigation into Generation 1651-1828.
Johns Hopkins Univ. Press, Baltimore, 1962.
 

その6
Jacques Roger,
『18世紀のフランス思想における生命の科学』
Les sciences de la vie dans la pensee francaise du XVIIIe siecle.
A. Colin, Paris, 1963, > 2nd ed. 1971.
 

 その7
Howard B. Adelmann,
『マルチェロ・マルピーギと発生学の発展』
Marcello Mappighi and the Evolution of Embryology.
Cornel Univ. Press, Ithaca, 1966.
 
 
その8
John Farrey,
『デカルトからオパーリンまでの自然発生論争』
Spontaneous Generation Controversy from Descartes to Oparin.
John Hopkins Univ. Press, Baltimore, 1974.
  
    
その9
L.C.Palm &H. A. M. Snelders) (eds. ),
『アントニ・ファン・レーウェンフック:デルフトの科学者の生涯と仕事』
Antoni van Leeuwenhoek 1632-1723 :
Studies on the Life and Work of the Delft Scientist.
Rodopi, Amsterdam, 1982.

   
 
その10
Walter Bernardi,
『胚の形而上学:マルピーギからスパランツァーニまでの生命の科学と生理学』
Le metafisiche dell'embrione : Scienze della vita e filosofia da Malpighi a Spallanzani.
Olschki, Firenze, 1986.
  
 
ルネンサンスの学術医学
HABのサマースクールのメンバー。アーカイヴのぎっしり。
  
  
ホーム新刊案内総合基本文献専門雑誌メールリンクバックナンバーリンク集
生物学史|医学史|宇宙論史|建築史|人文主義|プラトン主義|アリストテレス主義
宗教改革|パトロナージ|アカデミー|百科全書|自然の劇場|ヨーロッパ知的辞書
フィチーノ|ピコ|アグリッパカルダーノネーデルランド映画音楽と魔術
HABサマー・スク−ル『15世紀イタリアの哲学と神学』|bibliotheca hermetica
叢書「16-17世紀の哲学と科学」

1