環境保全と農業技術

環境保全農業技術

NPO法人 環境保全型農業技術支援協会

定 款 【PDF】

Yahoo e-Groupホームページ
http://www.egroups.co.jp/group/bio21st

bio21stグループに参加
 

傍聴友の会●遺伝子組み換え農産物の栽培実験指針作成へ第一歩

 今年7月、茨城県谷和原村で起こった遺伝子組み換えダイズ畑を反対派が無断で鋤き込んだ事件などを受け、栽培実験のガイドライン作成に向けて、検討会が動き出した。単に栽培方法だけを検討するのではなく、消費者へどのように情報提供するかを検討するのがポイント。

http://sentan.nikkeibp.co.jp/fs/20031202_bohco.htm

 
RIIBS 技術資料 トマトの栽培管理
 
http://www.geocities.jp/riibs/tomato.index.htm

"ころ柿"  上品な甘み 自然志向の女性に人気/豊岡

http://www.geocities.jp/riibs/toyooka.htm 

 

規就農援助します 無農薬のメロンを一緒に作りましょう

究極の僻地、藤巻に50万円の売り家!

 私はここ数年の間に、山都町内を中心に40件近くの空き家を都会からIターンの人に紹介し、現在30世帯61名が定着しています。その外のルートで来た人も含めると、50世帯以上の人々が喜多方周辺の農家に入っていると思われます。こうした人々のうち、勤めや自由業に専念している人もいますが、専業農家になった人以外でも、半分以上の人は多かれ少なかれ自宅で農業に取り組んでいます。これからは、少し対象を絞って、農業を目指す若い人中心に募集したいと思っています。

http://www.akina.ne.jp/~chardjou/page4.html

 

http://rms2.agsearch.agropedia.affrc.go.jp/contents/JASI/pdf/academy/57-1974.pdf

 

大分・中津市の酒・食品8社、統一ブランド「吉吾」で地産地消推進

 

 【大分】大分県中津市の酒・食品メーカー8社が、「吉吾」という統一ブランドを掲げた製品をそれぞれ発売した。地産地消推進を目的に始めた取り組みだが、これまで取引がなかった大手スーパーマーケットが取り扱いの検討を始めるなど、新たな販売ルート開拓にもつながりそうだ。

 吉吾ブランドに参画したのは、いずれも中津市に本社を置くあなみ食品、池田産業、一久庵、殿畑双葉堂、西の誉銘醸、二反田醤油店、細田蒲鉾店、マルホン食品の8社。焼酎やみそ、こんにゃくなど1社が1品を生産する。事務局は西の誉銘醸(永吉伸明社長、0979・32・2600)内に置いた。

 基本的に各社がそれぞれ営業活動を行うが、インターネットでの注文受け付けや詰め合わせのセット商品などに協同で取り組む。 日刊工業新聞 2004年01月22日

【コメント】農と商の連携活動が企画する「地産地消」の興隆の決め手になります。「ブランド食品」にはわき目を触れず地域での企業活動を根気よく続けることから始めたいと思います。 かわの たかつぐ

 

 
生きる農業の原体験
ビール事業 裏作奨励が発端に!
http://www.teamweb.ne.jp/TAMA/info_v3/bed200308509503975812.html
多摩動物園のバイオマス事業
研究受託は地ビール企業
日経バイオビジネス 2004年1月号p.18〜19

農林水産研究文献解題No.21 環境保全型農業技術

http://riss.narc.affrc.go.jp/envcons/

 

岡内理事:中国<太湖水環境修復プロジェクト>で講演・実地指導 

当協会理事・岡内完治さん(共立理化学研究所社長)が中国・江蘇省の旅からお帰りになりました。岡内さんの会社は、簡易水質分析キットのトップメーカーとして知られるベンチャー企業の草分け的存在です。当協会へは,創立当初からご支援いただいています。  速報としてメールの一部を掲載させていただきました。


BSE/TSEプリオンの土壌中における存在と挙動についての論議

日本語訳・文責:肥料協会新聞部

http://www.ad.wakwak.com/~agriwld/BSEtranselate/92_1.htm

 

菜の花プロジェクト、和歌山でも始動

http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20031203c6b0302n03.html

 

静岡県内の菜の花プロジェクト

静岡新聞2003年12月4日

 

静岡新聞 2002年(平成14年)4月29日(月) 朝刊より

菜種油を代替燃料に大東農産が菜の花を栽培

県トラック協要請  環境浄化へ効果期待

   低公害で、軽油の代替燃料として注目され始めた菜種油をつくるため、農事組合法人の大東農産(小笠郡大東町)が菜の花の栽培に取り組んでいる。牧草地を利用したことから土地の有効利用につながり、開花した菜の花は心和む風景を生み、景観形成にも一役かった。菜種の収穫は間近。今度は環境浄化への効果が期待されている。

? 大東農産の栽培地は同町東部の牛淵川近く。約3.5ヘクタールの菜の花畑に黄色い花が広がる。車を止めて、記念撮影をするドライバーの姿も見られ、4月20日には「菜の花コンサート」が繰り広げられ、子どもたちの元気な歌声が響いた。? 大東農産が菜の花の栽培に踏み切ったきっかけは、軽油の代替燃料として菜種油を求めていた静岡県トラック協会の働きかけ。農地の活用、環境保全を従来から重視していた大東農産と県トラック協会の思いが一致し、試験栽培が始まった。? 昨秋、大東農産は牧草を刈り取ると同時に肥料を加え、35キロの種を蒔いた。種まき直後に除草剤を散布した以外に農薬は使わなかったが、牧草地で排水が良かったことも幸いし、菜の花は病害虫の被害も受けず、順調に成長した。? 刈り取りは6月中旬の予定で、収穫した菜種はすべて県トラック協会が購入する。菜種は専門会社の手で、菜種油にして、さらに軽油の代替燃料として使用できるように精製する。? 菜種油を原料とした軽油の代替燃料は有害物質が少ないことから注目を浴び、海外では長距離トラックにも利用され、国内でも自治体の車などで使われ始めた。? 県トラック協会は得られた代替燃料を、さまざまな車種のディーゼルエンジントラックで利用する計画。数十台の車で軽油と混合させて使い、混合割合や車種、長距離、短距離の運行形態の違いによって、どのような変化が表れるかを調査する。? 排ガスの含有成分も分析する。「実際に走行して、実用化に向けた資料を得、低公害であることを数値で把握したい」という。? 大東農産の太田和良代表理事は「種まき、施肥も既存の機器でまかなえた。新たな設備投資をせずに栽培できる点も長所。イメージアップも図れるので来年も栽培したい」と話した。==============================

(Fのコメント)

面白いですね。菜の花畑の復活が可能かもしれないようですね。森林や農産物の商品開発は今までほとんど、組織だってしていない。このような試みが成功することが日本農業の再生に繋がると思う。頑張ってください。

 

 

 

 

環境保全型農業関連企業紹介

有限会社ワーコム農業研究所

   創 業        1996年07月01日

       代表取締役社長    栗田 幸太郎

当会社は、次の事業を営むことを目的としています。

1.微生物応用土壌改良資材の製造及び販売

2.肉用牛の飼養及び販売

3.環境保全型農林業にかんする調査、研究及びコンサルタント業務

4.農業技術の研究施設の経営

5.米穀及び穀類の販売

6.農産物及びその加工品の販売

7.前各号に付帯する一切の業務

http://www.vega.ne.jp/~wakomu/

「食」と「農」を考える
〜大玉村・国分農場を訪ねて〜

 

 

 

 

    http://www.kenori.com/ala/192/ala_192.htm

 

 

 

001p

1