REVIEWma

マグニチュード10

アーサー・C・クラーク&M・マクウェイ 内田 昌之 訳 新潮

クラークが書いてないのは明白なのに、私もよく買ったものだと思うが、 これは、マイク・マッケイ(電脳惑星はこの表記だったと思うが)の作品にしては、 大当たりの傑作である。事実クラークは一字も書いておらず、 850字のアイデアのみをマッケイに渡したのだが、 このSFアイデアが素晴らしい! 日本沈没を越えた世界一の地震SFである!! (ってこれと日本沈没以外に地震SFってないか? パニックSFで地震が起こるのは2・3あったように思うが・・・) 後漢時代に張衡が発明した、世界最初の地震計の事も語られていると 書けば、地震SFとして如何に深い作品か、理解してもらえるであろう。 現実の20世紀の地震学者は2世紀の張衡と地震に対するアプローチは同じである。 これはSFであるから、この作品の地震学者は、地球を地震の発生しない 惑星に改造する方法を思い付くのだ。惑星改造レベルの話になる 究極の地震SFである。 プロローグは1994年、カリフォルニア州ノースリッジ大地震で、 主人公が両親を失う場面で始まり、 エピローグはなんと、2058年(+n年)の月面都市である。 地球を地震の起きない惑星に改造出来たので、 今度は月の改造に乗り出したのか、 それとも、地球が大地震で崩壊したので、月面に避難したのか、 貴方の目で確かめて下さい。 正直、ここ数年の内では「スタープレックス」に次ぐ傑作である。 これがワクワクするSFマインドのセンスオブワンダーというものである。 「宇宙消失」よりも「終わりなき平和」よりも、こっちの方が 私は感動しました。 (河村)

マシュー・スウェインシリーズ

マイク・マックウェイ 佐和 誠 訳 創元

1オールド・タウンの燃えるとき

2月は死を招く

うわあぁぁぁひらがなばっかりできがくるうぅぅぅ!字面を開きすぎである。どんな新人の翻訳家かと思ったら、50過ぎのジーサンである。理系の漢字書けないコンプレックスの裏返しで、不必要に難しい漢字を使い、一般書より開くのが原則の翻訳物でひらがな使う時は、わざわざ傍点つける小隅黎も困ったジーサンだが、こいつの開き過ぎには速読マニアは泣くであろう。音声化して2・3回復唱しないと漢字と送り仮名の判別もつきづらくて、読み難くて仕方がない。内容もSFでなくて、単なる近未来ハードボイルドもどきである。こんなシリーズを捧げられるR・チャンドラーもいい迷惑である。悪魔の詩を捧げられる長崎市長もかくやという大迷惑である。電脳惑星シリーズの2巻がギリギリSFミステリしてたからと言って、このシリーズに期待してはいけない。ローダンを150巻以上読んでもまだ見捨てない私だが、このシリーズにはもう我慢できないので、3巻も出てるけど読んでません。ローダンはSFと言える素晴らしい話もある。が、このシリーズはSFではないわい。(河村)

マッカンドルー航宙記

チャールズ・シェフィールド 酒井 昭伸 訳 創元

・キリングベクトル ・慣性モーメント ・真空の色彩 ・<マナ>をもとめて ・放浪惑星
1991年度の翻訳ベスト10に一票を入れていたバカ(「翻訳の世界」の年間ベストにおいて)もいたが、SN比も知らんバカの訳者がハードSFを訳すとは言語道断横断歩道ますますもって帆立貝である。 順に訳者のバカの程度を紹介しよう。 いまどき、ブラックホールを宇宙の黒穴と訳したらバカみたいだが、この訳者はコンプレッサーを退縮天体と訳してる。 すべて日本語に訳すポリシーかと思えば、I・Rとルビを振って、情報検索レシーバーなどという訳もある。情報検索はInformation Retrievalが有名だが、何故わざわざI・Rとルビが振ってあるのか?世の中でもっとも知的レベルの高い趣味はゲームの製作であって、一回読んだら捨てればいい小説などという古臭いジャンルのミスなど、原著を買って照合する気にもなれず、すべて私の推測だが、原著ではI・Rとしか表記されてないと思う。ここでバカな訳者は考えた。I・Rとは何だろう、レシーバーは情報を受け取るものだから、情報検索レシーバーで良いだろうと。だが、I・Rレシーバーで何の情報を解析してるかというと、天体の温度である。ゲーマーにはRHミサイル、IRミサイルで有名なInfraredRays、赤外線レシーバーとしか考えられない。 そしてSN比という訳もでてくる。I・Rレシーバーはうまくでっちあげた訳者だが、これは当てはまる英語を思い付かなかったらしい。単にSN比としてでてくる。Sはシグナル、Nはノイズ、ノイズ対信号比と訳すのが普通だと小学生でも知っているオタクはいる。 SN比のように略語はそのまま訳すポリシーであるなら、何故、情報検索レシーバーではなく、IRレシーバーと書かなかったのか? 訳者より教養があり過ぎる私が悪いのであるが、こんなバカな訳者の本は二度と読みたくないと思う。(河村)

魔法使いの困惑 魔法の国ザンス14

ピアズ・アンソニイ 山田 順子訳 ハヤカワ

要は「鋼鉄ジーグ勝利の記録」である。
魔法使いハンフリーの視点から語られる総集編である。
失踪の謎と10年間何をしていたかは明らかにされるが、
小説時間でも現実時間でも10年掛けたハンフリーのあの行為に感動する人もいるかも知れないが、
同じようなことを私は5年間やって、最近負けが確定したので、腹が立つ!
今更1巻の兵士クロンビーの正体を明かされても、こじ付けにしか思えなくて白けたし、
ザンスはもうポイします。(河村)

魔法の通廊 魔法の国ザンス4

ピアズ・アンソニイ 山田 順子訳 ハヤカワ

まちにまった、ザンスは、さすがに期待通りの楽しいお話しでした。とにかく読んでいて、楽しくてしょうがないというのが、私の理想とするところです。訳も日本語になっていて読みやすい。従って、読みだしたらとまらないのである。さて、内容はといいますと、マンダニア(人間界)へ旅立つんですね。このザンスからマンダニアへの旅の仕方や、雰囲気が、何かゼラズニイの「アンバー」と「ロードマークス」を思いだします。うん、実によく似ている。結局、私が何故これが傑作か、と感じたかといい ますと、昔し読んだ、児童文学・少年少女小説の感覚に非常に近いからなんです。これはやはりファンタジィーというより、少年少女小説なんですね。うん〜ん、ザンスを読んで、又、自分の読書の原点がここにあったのかと、確認いたしました。とにかく最高です。(神谷)

フロリダ半島にある魔法の国ザンスのトレント王は、魔法が使えないザンス外の世界に貿易相手を探す為に旅立った。だが、王は予定した日になっても帰ってこなかった。かくして王女と王女の恋人は、王の消息を確かめる為にザンスから旅立つことにした。しかし、ザンスを出ると魔法は使えなくなるのだ。でも大丈夫心配は要りません。魔法を使えるようになる魔法を使うケンタウルスがいることが判ったのだ。人間体の王女とその恋人とケンタウルスとゴーレムとゴブリンの5名は、20世紀のジョージア州に出現した! 読み出したら止まらないエンターティンメントの傑作である。30ページぐらいの短編を読むような労力でアレヨアレヨと読めてしまうが、1巻があまりにも凄かったので比較するとどうしても物足りないと思ってしまう。1巻2巻のような謎と大どんでん返しがないのである。1巻は小説読むのが好きだと言う人は必ず読まねばいけない大傑作であるが、3巻からは、まあ、読むと楽しいよ。というぐらいのもんである。私はビンクと魔王ザンスの物語をまた読みたいのよ〜。ドオアはもういいから3代目の話にするか、初代のビンクに主人公を戻してほしいと思う。(河村)

マーフィの呪い 魔法の国ザンス12

ピアズ・アンソニイ 山田 順子訳 ハヤカワ

10巻からの第二部は第一部に比べると、論理ハードSFファンタジィとして どうしても見劣りするが、(第一部にも計算間違いがある話もあったが・・・) ファンタジィに正しい計算式やら論理を求める方が間違いで、 素直にユーモアファンタジーとして楽しめばいいのだけれども、 第一部(1巻と2巻は必読)があまりにも素晴らしかったので、 期待しすぎて困るアンソニィではある。 今回は魔法の国の王女が魔法を使えない現実世界の青年とラブラブファイヤーに なる話だが、この只の3流大学生の青年が、魔法の国に転移してからの描写が 物足りない。現実世界に生きていた青年は、 魔法の国で魔法を体験しても、魔法を信じず、科学的合理的に説明を付けようと するのだが、作者の力量不足で、やはり、青年は魔法を認めざるをえなくなる。 魔法の国の魔法のトリックをすべて説明出来たら、ハードSFとして 素晴らしい傑作になったのに残念だ。 あまつさえ、ラストで、青年の正体がアレだったのは、私は白けました。 ときめきトゥナイトの真壁君の正体は感動して、良かったね蘭世ちゃん。 と思ったが、これはなんか、恥ずかしい結末です。 このファンタジィ読んで、現実世界では、僕は落第スレスレの 3流大学生だけど、魔法の国で綺麗な王女さまに惚れられるといいなぁ・・・。 などと妄想する男がいそうで、やじきた学園のきたさんみたいに、思わずオゾゾとしてしまいました。 現実世界での描写で、魔法が使えないので、手話で意志の疎通を計るのは、 とても好感が持てる。思うだけでなんでも出来る魔法の国の存在は、 身体障害者にはへ吐が出ると思う。いくら、祈っても、 どれほど、念じようと、体のハンディを、 神は直してくれないし、魔法や超能力で直す事も不可能なのだよ。 現実世界では科学力がすべてを解決するのだ。(河村) SF書評目次に戻る

トップページに戻る 1