議論ー政治システム

日本改造計画もどき


 此れからの日本の有るべき姿について考えてみたい。
まず、地方分権。
行政コストの削減と、地方自治体同士の競争促進のために必須であると思われる。
その方法だが、60万x200の市に再編し、現在の行政区画は全廃。
コスト減と、財源規模から考えても適当と思われる。
外交、安全保障。日本銀行。総合調整。
これらの機能以外は全権を市に委譲する。
すると国がするべき仕事は主に外交と言うことになる。
そして、調整としての、内政がある。
この両者の権限を思い切って2院に分けるというのははどうだろうか。
外交=衆議院、内政=参議院のように。
すると、衆議院は完全比例代表制(併用性ならなおいい。)。
参議院は小選挙区制と言うのも、合理的ではないだろうか。
外交に地方の意志はいらないっというよりもむしろ邪魔なので、
全国1区にするのは重要だ。
大選挙区制にしてもいいかもしれない。
定数50くらいの。
参議院には、強い権限を持たせずに、市から一人ずつ代表をださせる。
此れの選出法は各市が決めればよい。
あとは両院の関係だが、今のように法案の成立のために両院を通す必要なない。
あとは首相公選制も欲しいところだ。しかも、首相には強い権限を持たせたい。
与党は内閣、野党は議会と言うような運営が望ましいのではなかろうか。
首相選挙は、フランスのような2回投票制にする。
しかも、任期は、毎年年末に不信任投票をして、有権者の半数を超えたら、クビ。
憲法改正が必要となるが、コンセンサスは得られるでしょうか?

Links to other sites on the Web

表紙

ご意見をメールでお願いします。
メールは公開することがあります。
公開されたくない人は「非公開希望」と明記してください。
もちろんアドレスは公開しません。
また個人情報がわからないようにもいたしますのでどしどしお願いします。

© 1997 masaya@interlink.or.jp


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ


1