議論ー移植

腎移植を推進しよう


死んだあとに臓器は必要ですか?

今日は少し透析の話。
透析って分かります?
腎臓ダメになった時するあれです。
日本では16万人いるそうです。
一人年間500万かかる。
もちろん保険適用。
年間8000億の負担はみんなのお金です。
アメリカでは(日本では使い捨ての)透析膜を再利用するそうです。
それでコストを抑えているとか。

で、そんなことじゃ困るからなんとかならんか?
と言われたら一番の根治は腎移植です。
腎臓は一個でも平気です。生きてる人から取れます。
だから臓器売買が闇では頻繁に起こっています。
金持ちだけ移植を受け、やくざが儲かる。

ベネルスク3国では、
脳死からの臓器提供は「当然」で、
提供したくない人は前もって登録しなければなりません。

ちなみに腎は死体からでも新鮮ならば取れます。

何が言いたいのかはだいたいおわかりでしょう。

移植腎があれば、問題解決になるのです。
腎移植を推進しましょう。 

Links to other sites on the Web

表紙

ご意見をメールでお願いします。
メールは公開することがあります。
公開されたくない人は「非公開希望」と明記してください。
もちろんアドレスは公開しません。
また個人情報がわからないようにもいたしますのでどしどしお願いします。

© 1997 masaya@interlink.or.jp


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ


1