議論ー道交法

道交法


交通機動隊は甘えの象徴だ。

ここで議論したいことに「道路交通法」があります。
これは、「非自己責任社会」の象徴ではないでしょうか。
「交通事故」という結果責任こそ追及されるべきなのに,
取り締まりをして,そのために大量の予算を使い
(反則金で黒字かも知れないが)人員を割いています。
私は「交通機動隊」こそなくすべきだと感じます。
新たに「事故調査官」を設置し,「結果責任」を追及し,
交通上の安全を保持すべきではないでしょうか。
現状では50キロ以上スピード違反は軽微な人身事故より罪が重くなっています。
言い方を変えると,がらがらの高速を150kmで走るのと,
人をはねるとでは,前者の方が悪いと見なされるのです。
矛盾していると感じませんか?
役人は自分で運転せずに,後ろの乗っているから分からない。
そこで「反則金不払い運動」を提案します。
みんなで反則金を納めずに、裁判に持ち込みましょう。
もちろん簡易裁判ではなく、きちんとした裁判です。
これで、司法の脆弱さと道交法の両方の問題点を露呈させられます。
これに対して、「裁判省略」でも言い出そうものなら,
憲法違反で一大ムーブメントになるでしょう。
鈍感な大衆を揺り動かすには,この様な手段しかありません。

Links to other sites on the Web

表紙

ご意見をメールでお願いします。
メールは公開することがあります。
公開されたくない人は「非公開希望」と明記してください。
もちろんアドレスは公開しません。
また個人情報がわからないようにもいたしますのでどしどしお願いします。

© 1997 masaya@interlink.or.jp


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ


1