Klingon Bird of Pray
Star Trek Galactopedia
クリンゴン帝国国防軍、バード・オブ・プレイについて


バード・オブ・プレイのプロフィール

 クリンゴン・バード・オブ・プレイに関しては正直なところ、あまり多くの情報は存在しない。登場するたびにディテール、性能などが異なるため情報の混乱も多い。しかし少なくとも2種類のバード・オブ・プレイがあることは知られている。

 第一はブレル級と呼ばれる小型の偵察艦。乗員定数は14名。このタイプには遮蔽中も攻撃可能な試作艦も含まれる。(映画スタートレック6でチャン将軍が使ったタイプ)
 第二は、より大型のケイヴォート級。エンタープライズCの出現で生じた平行世界で巡洋艦として登場したが、もとの世界でも存在するかは不明。


上の写真の大きい版(724x464)(jpg.86k)


 一般的なバード・オブ・プレイの特徴としては、大気圏内飛行、クローキング・デバイスによる遮蔽がそれぞれ可能であることが挙げられる。またバード・オブ・プレイの可変翼には3種類のモードがある。
・惑星着陸時のはね上げられた状態(写真右下)
・高速航行時の水平な状態(写真上)
・主に戦闘時に見られる翼を下げた状態(写真左下)


 なお、艦隊ガイドの艦名一覧に載せた"H.M.S.バウンティ"とは、映画「スタートレック4・故郷への長い道」においてドクター・マッコイが捕獲した艦に命名したものである。
 命令違反のフルコースをやってのけ、宇宙艦隊を混乱のるつぼに叩き込んだカーク・ファミリーにふさわしい名前だろうという、いかにもドクターらしい皮肉の利いた名である。


宇宙艦隊ガイドへ


1