どーしましょ。次、たけしと所ジョージ、やりますか?






タモリと私
データベース篇
データハウスではない。さあ来月も、詫び状、詫び状!



このホームページのホストはです。無料ホームページ をどうぞ


このホームページのホストはです。無料ホームページ をどうぞ


このホームページのホストはです。無料ホームページ をどうぞ


このホームページのホストはです。無料ホームページ をどうぞ


このホームページのホストはです。無料ホームページ をどうぞ

タモリ文書・単行本リスト
タモリ音源・レコード&CDリスト


このホームページのホストはです。無料ホームページ をどうぞ


このホームページのホストはです。無料ホームページ をどうぞ


このホームページのホストはです。無料ホームページ をどうぞ


このホームページのホストはです。無料ホームページ をどうぞ


このホームページのホストはです。無料ホームページ をどうぞ


えーと、これはどっちのリストもそうなんだけど、
まだ作りかけの暫定公開中なんですよ。まだ全然途中。
これからも、あちこち削ったり追加したり、気がつくたびに
毎日毎日ちょくちょく書き直してかないといけない。
だから、この資料を引用なさるのは勝手ですけど、
この状態で鵜呑みにしてしまうと、恥をかくのは
モニターの前のあなた (最近気に入ってんのよ増田貴光の真似)です。
それだけ。(1997.11.03)

「共著と、アンソロジーと、ゲスト対談を
どう区別しているのか?」という御指摘がありましたが、
それは、多分に恣意的なものです。
たしかに、きっぱり分別できているとは言えません。
どこに入っていてもいい本もあれば、
コレがこっちで、ソレがそっちか? という例もある。
それを言い出すと「番組本」というカテゴリーも
かなり杜撰なものということになります。杜撰な戦い。砂羅尾南枚。
えー、この混乱も含めて人生です。(あっ、逃げた逃げた)(1997.11.07)

わかってます。
気になってるんですよ『筒井康隆全集』のことは。
早晩、全部調べてカタを付けます。
一仕事なんだから、重いの奥から出してくるだけでも。
またソレを仕舞うのが、また大騒ぎ。(1997.11.08)

遅ればせながら、当HPの大先輩にあたる、
「タモリ完全リスト」のページを御紹介します。

TAMORI's Data Page

オレのリスト作りも、そもそもはこの『TAMORI's Data Page』を見て
「あっ、オレもこういうの、やりたい!」と
思いついたことがキッカケでした。
というより『TAMORI's Data Page』に協力する意味で
メールででも送ろうか、と考えていた
「タモリについての、追加してほしい新情報の数々」が
オレのリストの母体になっています。
『TAMORI's Data Page』を補完してあげようと準備していたら、
いつしか、これほどの分量になってしまい、
とてもメールで送るどころの話ではなくなってしまった。
……ので、自分でHP開いて載せたんですよオレは。

もし、わがHPの作りかけのままのタモリリストを
何かのアテにしていらっしゃるタモリファンの方がおられるなら、
むしろ『TAMORI's Data Page』をこそ
アテにしてください。ここより、遥かに詳しく、正確です。(1997.11.21)


『私のたけし』『私のさんま』のシリーズで
『私のタモリ』って本は、出てましたっけ?(※)

『男たちのサラダ記念日』の前後だから、
87年界隈だと思う。

部屋の中を全部ひっくり返せばわかるんだけど、
そんな余裕がない。
あと、大地真央の「タモリさんが作った歌」
についての情報も募集します。
(1998.02.16)

※ なかったそうです。



このホームページのホストはです。無料ホームページ をどうぞ


このホームページのホストはです。無料ホームページ をどうぞ


このホームページのホストはです。無料ホームページ をどうぞ


このホームページのホストはです。無料ホームページ をどうぞ


このホームページのホストはです。無料ホームページ をどうぞ




どんな石つぶてでも受けよう!
kasimasi@olive.plala.or.jp

1