地理

目次へ


PHへの応用

PHの計算


さて、既にPHの意味自身は一応読んで頂いたと思います。が、一年生の場合は、もう少し具体例を挙げなければ分からないと思うので、ここでは具体例をいくつか考えてみましょう。

[具体例1]

濃度が0.1[mol/l]である塩酸があるとします。このPHを求めてみましょう。

HClは強酸なので、100%電離していると考えて良いので、

HCl → H + Cl

となっていると考えられます。

もともとHClが 0.1[mol/l] あったんだから、HとClが1[mol/l]ある事になりますね。(HCl分子は全部電離してしまっているので、0[mol/l]、つまり存在しません)

これは記号では、

[H] = 0.1

[Cl] = 0.1

と書きます。

では、PHを求めてみましょうか。

PH = −log[H]

ですよね。(「底」が書いていないので、常用対数ですよ)

今回の場合は、

PH = −log(0.1)
= −log(1/10)
= −log(10-1
= (−1)・(−log(10))
= (ー1)・(−1)
= 1

ですから、PH = 1 になります。

では、もう少し応用してみましょう。

次の二問の解説は、次のページで説明しますね。

[具体例2]

濃度が0.01[mol/l]である塩酸があるとします。このPHを求めてみましょう。

[具体例3]

濃度が0.2[mol/l]である塩酸があるとします。このPHを求めてみましょう。

ただし、log102 = 0.30103 とします。

次のページへ


目次へ



1