log

目次へ


指数の拡張2

逆数の指数の導入


さて、ここからは数学2です。新しい分野ですね。

いくつか新しいルールを作りましょう。

「逆数はマイナス乗で表す」と決めます。

??

これじゃわからないですよね(^^)。

具体的にちゃんと書いてみますね。

(1/2) = 2−1

と書くルールを作ります。

(パソコンなのでうまく表現できませんが(^^;)。「二分の一」を「二のマイナス一乗」って書くんです。)

同じ要領で、

(1/3) = 3−1
(1/7) = 7−1
(1/10) = 10−1

って、書きます。これはルールなんで。覚えて下さい。(なんでこういう風に決めたのかは、後で自然に分かりますから、ちょっと待ってね。)

OK?

それに納得してもらえば、応用です。

(1/2) 
= (2−1
= 2−2

「二の二乗分の一」は「二のマイナス二乗」なんですね。

なぜか?

だって「指数の指数は、指数の掛け算」なんでしょ?(分からない人はここ

もういくつか例を挙げてみましょう。

(1/3) 
= (3−1
= 3−4


(1/7) 
= (7−1
= 7−5


(1/10) 
= (10−1
= 10−7

ですね。納得してもらえました?

さて、まとめますと、「逆数はマイナス乗と書く」という事です。

このページで初めて、「マイナスの指数」が登場した訳ですね。

次のページへ


対数の目次へ数列の目次


1