SF-tuzureori5

TommyおじさんのSF綴れ織り(5)

−1997年11月7日−


『ターミナル・エクスペリメント:R.J.ソウヤー』

 AI(人工知能)。                    
 70年代には近未来のコンピュータの姿だった。       
 80年代には、ほらそこにある技術となった。        
(私も一時、Lispプログラマーだったことがある。例の80年
 代の人工知能ブームの頃。)                
 そして、現在では家電製品の殆どはチップを搭載し、なかにはA
I技術から派生したファジー制御をするものまである。     

 コンピュータのチップやハードウェアの冪乗的進化は<夢想>を
現実のものとしてきた。しかし、未だにコンピュータはコンピュー
タでしかない。一方で、SFの世界では進化したコンピュータは人
工知能として登場する。だが、巨大なスーパーコンピュータと巨大
な知識ベースを駆動する「推論エンジン」という図式は、もはやS
F的とはいえないだろう。SF作家たちは、あるときは超越的存在
として「AI」を描き、あるときは現実の技術地平でコンピュータ
ネットワークの世界を描こうとする。その様態は、ときには滑稽で
すらある。                         

 その隘路を、持ち前の奇抜な発想と息つかせぬストーリー展開で
一気に読ませてくれるのが、本書「ターミナル・エクスペリメント
」である。ロバート・J・ソウヤーといえば、前作「さよならダイ
ノサウルス」も随分と奇抜なお話であった。正直に言って、この前
作は大変印象深い作品であったが、とてもセンス・オブ・ワンダー
を刺激してくれるものではなかった。ただ、読ませる力のある人だ
とは思えたが。本書ではそのストーリーテラーとしての力量と着想
の面白さがマッチして、結構読みごたえのある作品となっていた。

 いったい人間の脳全体をスキャンして、まるごとコンピュータの
内部に移植することができるであろうか。私たちには未だに解明さ
れていないことの多い<脳>について、何も断定的には言えない。
しかし、私がコンピュータに入門した頃は512KBのメインメモ
リー(しかもチップではなく、磁束コイル)のホストコンピュータ
でバッチJOBを2系統動かし、なおかつオンラインやスプールも
動かしていた。パソコンが登場し、初期のDOSマシンでもなんと
640KBのメモリーを積んでいた。それが今や数百MB(メガで
すぞ!!)のメモリーを搭載するパソコンすらあるのだ。どうして
SF作家の着想を笑うことができようか。今では自然認識系の処理
を現実のコンピュータが実現しているのだから。        
 さて、この作家はひとりの人間の<脳>全体をスキャンしてサイ
バースペース上に、そっくりコピーともいえる<仮想人格>を形成
できるとしたうえに、しかもそれが3つの<仮想人格>として複製
され、さらにそのひとつひとつを純粋なオリジナルコピーと、生物
学的な機能を削除したコピーと、さらに「老化や死に対する恐怖と
関心」を取り去ったコピーの3体として生成することができる、と
いうお話しをはじめるのだ。どうだ、驚いたかと。しかし、現実に
ニューラルネットのうえで実現されるかもしれない、という奇妙な
リアリティを読者に与えてもいる。この<夢想>と<現実>の絶妙
な距離感、バランス感覚がこの作品を見事に仕立てているのかも知
れない、とも思う。                     
 この作家の秀でたところは、こうした未だ<実現されていない>
ものが獲得するであろうリアリティの確からしさにあるのだが、前
作で見せた荒唐無稽なところも失せてはいない。前述の<脳>をス
キャンする技術の延長で、人間の<臨終>の瞬間を記録することが
できたとき、<脳>内部で起きている事象、つまりニューロンの発
火(私がはじめて米国製の推論エンジンを学んだとき、やたらとフ
ァイアーと言っていたっけ)するさまをトレースすると、あたかも
<霊魂>が身体から遊離するかのような現象を発見するというくだ
りである。この辺りは、ちょっと「おいおい」と言いたくなるね。
まあ、ストーリー上はこの布石がないと<仮想人格>であるシムた
ちの行き場がなくなるので、多少目を瞑ってもいい。      

 この作家の小粋なところは、次のようなくだりではないだろうか
と思う。それは、人間がチンパンジーを同属として認め(しかも国
連で決議する、ときたもんだ)、ヒト属は孤立したホモ・サピエン
スだけではなくなり、ホモ・トログロダイト(普通のチンパンジー
)とホモ・パニスカス(ピグミーチンパンジー)という仲間ができ
る、というくだりである。思わずにやっと笑ってしまった。   
あらためて、新作Starplex,Frameshitの両作品
に期待したい。                       









1